Category Archives: WordPress Hosting

Dreamhost Hosting

DreamHostには、One-Click-Installsという機能があり、WordPressとMySQLを10分程度で簡単にインストールすることができる。

1)サイト追加

新しいサイトにWordPressインストールするなら、まずサイトを追加する。

管理画面から「Manage Domains」を開き、「Add Hosting to a Domain / Sub-Domain」をクリックして追加する。ドメイン名など適切なパラメータを設置し、「Fully host this domain」でサイト作成。

2)「One-Clock Installs」選択

「One-Clock Installs」ページで「WordPress」を選ぶ。

3)インストール先のサイト選択

先ほど追加したサイトのドメイン名を選ぶ、インストールパス、DB名はそのままでも良い。「Install it for me now!」をクリック。インストール結果メール待ち。

4)パスワード再設定

インストール結果メールには、パスワードリセットするリンクがついてるので、クリックしてパスワード再設定する。

5)サイトにログイン

メールアドレスと再設定したパスワードでサイトにログイン。

 

Free Hostinger Hosting

Hostingerでは、無料、広告なしで容量2000MBのサーバーをレンタルすることが可能です。もしも無料プランが物足りない場合、有料プランに変更することも可能です。ただ、月に100GBの転送量なので、将来有名なサイトやブログになった場合に少ない可能性があります。
その場合は有料プランに申し込めばいいのですが、その時にもっと良いレンタルサーバーが出ている可能性もあるので、独自ドメイン(有料)を取っておくと、サーバーを変えても、そのままのドメインで運営することが可能です。

Hostingerに登録する

では、Hostingerに登録してみましょう。まずはこちらのサイトをみてください。

HostingerにWordPressをインストール

では、HostingerにWordPressをインストールしてみましょう。

メニューから「レンタルサーバー」を選択し、自分のドメインをクリックすると、自動インストール機能という項目が出てきますので、それをクリックします。様々な項目がありますが、その中からWordPressを選択します。

 

Free WordPress.com Service

とりあえずブログを始めてみたい。ブログエンジンは人気のWordpressを使いたい。しかし、サーバを借りてWordpressをインストールして環境設定するなんて面倒臭くて、それだけで心が折れそうだ

「Wordpress.com」というサービスを利用すれば、10分でブログを始められる。

WordPress.comって??

WordPress.comはWordpress開発チームが運営するサービスです。

https://ja.wordpress.com/

  1. WordPress.comの特徴
  2. 無料版プラン選択できる
  3. 通常のWordpressと同一のエンジン
  4. 豊富なテーマが選べる
  5. ウィジェットでブログをカスタマイズ
  6. SNSなどの外部サービスと連携

プランは4種類あり、無料プランと3つの有料プランから選択することができます。以下は比較した表です。

無料 パーソナル プレミアム ビジネス
価格(月額) 無料 360円 983円 2,983円
独自ドメイン ×
サポート コミュニティーフォーラムのみ メールとライブチャットサポートに対応 メールとライブチャットサポートに対応  メールとライブチャットサポートに対応
CSS編集  × ×
容量  3GB 6GB 13GB 無制限
WordPress.com広告表示  必須 非表示  非表示  非表示
収益化  × ×  ◯  ◯
アナリティクス導入  × ×  ×  ◯
フッター非表示  ×  ×  ×  ◯

もちろん機能制限はある

無料版プランの場合、色々と制限がある。

  1. ・プラグインが自由に導入できない⇒ウィジェットとして提供されているものだけ
  2. ・レイアウトの自由度は下がる⇒年間$30でCSSやフォントを弄ることはできる
  3. ・テーマはWordpress.com提供のものだけ⇒第三者が公開しているWordpress用テーマは使えない
  4. ・Googleアナリティクスが導入不可⇒Wordpress.com独自の統計情報は見れる

より高度なことをしたくなったら、プラグインインストールに対応するビジネスプランに変更するか、自前インストール型に乗り換える必要があります。

とりあえず始める

とりあえず無料で始めて軌道に乗ってから有料を検討する。

用意するもの

  • メールアドレス
  • ユーザID (Login ID)
  • サイトID (<id>.wordpress.com)

WordPress.comのJetpack、Photonなど、インストール型にも活用できる。つまりアカウント作る手間が、無駄ではない。

WordPress Self-hosting

WordPressのダウンロード方法及びインストール手順について簡単なリスト

WordPressのインストール環境整備

WordPress 日本語版の推奨動作環境

  • PHP バージョン 5.6 以上
  • MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

古い PHP や MySQL しか利用できないレガシーな環境でも、PHP 5.2.4 以上、かつ MySQL 5.0 以上であれば WordPress は動作しますが、公式サポートは終了しており、サイトがセキュリティの脆弱性にさらされる危険があります。

テスト用、自宅サーバー用などにローカル環境を構築する際に参考になるリンクです。ローカルマシン上に PHP、Apache、MySQL の環境設定が必要です。

もしホスティング提供者 (レンタルサーバー) を使っているなら、すでに WordPress 用に設定されたデータベースや簡単インストール用のツールが用意されているかもしれません。ホスティング提供者 (レンタルサーバー業者) のサポートページや管理画面で、手動でインストールする必要があるかどうかよく調べてみて下さい。

下記のいずれのケースに推奨動作環境を用意してください。

  • ローカル環境へのインストール(Windows)
  • ローカル環境へのインストール(Mac の OS X )
  • ローカル環境へのインストール(Linux系列)
  • ホスティング提供者 (レンタルサーバー) へのインストール

それに合わせて、WordPress 用データベースとユーザを作成

例:

データベース名 : wpdb
ユーザー名     : wpadmin
パスワード     : password
ホスト名       : localhost

上記情報メモして、WordPressのインストール際使う。

WordPressのダウンロード

WordPressのダウンロードから行います。次のURLから開始します。

 

ファイルの配置

ダウンロードしたファイルは圧縮ファイルとなっています。解凍した上で使用するWebサーバへ配置します。配置したファイルはインターネット経由でアクセスできる位置に配置して下さい。WebサーバとしてApacheを使用しているのであればドキュメントルートの直下、または任意のディレクトリを作成して配置して下さい。

ダウンロードしたファイルは元々「wordpress」というディレクトリの中にファイルが含まれていましたので、今回はローカルで動作させているApacheのドキュメントルートの下にそのまま解凍して配置しました。

今回のように「wordpress」と言うディレクトリの中にWordPressで使用するファイルを格納すると、作成したブログのURLは「http://localhost/wordpress/」のような形式となります。

WordPressのインストール

ブラウザで「http://localhost/wordpress/」へアクセスして下さい(URLはWordPressのファイルを配置したWebサーバのURLやディレクトリに合わせて変更して下さい)。

この際画面の指示に従って、インストール環境整備で作成したWordPress 用データベースとユーザ名など入力する

例:

データベース名 : wpdb
ユーザー名     : wpadmin
パスワード     : password
ホスト名       : localhost

これで WordPress はインストールされたはずです。

[自分用メモ] Amazon EC2で、あるアカウントのInstansをイメージ保存し、それを別アカウントにコピーする | Ultraひみちゅぶろぐ

仕事でAmazon EC2を使っている。その中で、あるアカウントAが所有するInstanceのイメージを作成し、それをアカウントBで使用するという場面が出てきた。要するに、あるアカウントが作成したクラウド内の仮想マシンをコピーして別アカウントで使用したいということだ。

Source: [自分用メモ] Amazon EC2で、あるアカウントのInstansをイメージ保存し、それを別アカウントにコピーする | Ultraひみちゅぶろぐ

今年も「AWS Summit」参加!!年々参加者が確実に増えている。国内の企業の採用が増えたことに要因があるのでは?立ち見が出る盛況ぶり。 | 単刀直入に申しますと

しかし、AWSを2年程度ではありますが利用し実際の稼働環境として動かして改めてAWSに対する不安はなくなった。数回EC2が停止することがあった。障害はどんなに小さい物でも心臓が痛い 障害対応をして思ったのは「こんなにも簡単に復旧できるのか?」マネージメントコンソールとターミナルでサーバにコマンドを叩くだけで それだけ それだけでいい

Source: 今年も「AWS Summit」参加!!年々参加者が確実に増えている。国内の企業の採用が増えたことに要因があるのでは?立ち見が出る盛況ぶり。 | 単刀直入に申しますと